ご安全に。
久し振りに非喫煙者の私が喫煙室へ入ることに成りました。
大企業ですので愛煙家も多くひっきりなしに出入りするのです。
昼食後の一服は至福の時間を感じているようで気持ちよさそうでした。私からみたら温泉につかっている自身の姿に重なりました。
愛煙家の権利と受動喫煙防止の両立は、難しい問題です。
さて、現状は出入り口や吸い込み口位置の問題等が見えました。何より定員オーバーなのか粉じん濃度や気流が十分ではありません。
やはり、点検や定期清掃等が疎かになり性能低下、併せて使用人数も増え十分機能していないのでしょう。多くの事業所はこんな感じと思います。
色々話を聞いていますとグループ内の親企業が健康経営を打ち出したとのことでした。チャンス到来です。健康経営に敷地内禁煙を打ち出せば願ったりかなったりです。
受動喫煙防止には、トップダウンの施策と体制づくりが最も大事だからです。
国会空転している中、遂に東京都は罰則付きの受動喫煙防止条例を昨日公表しました。廃業に追いやられるとの記事もありましたが本当にそうでしょうか。
たばこを吸わない人が被害を受けないための施策です。私的には外国の方を含めてお客が増えると思っています。
日本だけ片意地を張っても、世界の流れは建物内禁煙から敷地内禁煙へ向かっています。
この流れから零れないように事業所も健康経営を展開する必要があります。社員の健康づくりへ投資すれば生産性向上し更に強い企業にステップアップします。
そのためには敷地内禁煙へ向けて具体的ステップを決め実行あるのみです。今から実行しなければ数年後の敷地内禁煙なんて夢のまた夢です。
喫煙者とたばこを吸わない人が共存する社会の構築に向けての道は険しいです。
まだまだ格闘する日々が続きそうです。
 
▽田中安全衛生コンサルタント事務所